ART

本当につまらない邦画10選 Vol.2

 

 

 

前回、といっても2018年12月のことだが、「本当につまらない邦画10選」なる記事を公開した。結果として現在に至るまで、多くの方が、何らかのキーワードを打ち込んで読んでくださっているようだ。ありがとうございます。

そこで今回は、私自身の邦画記録もなかなかに溜まってきたので、ここ数年で観たものを含めて第二弾を公開することとした。あくまで弊社OMOTE TO URAはその言葉の通り、「裏」を重要視しているので、ネガティブなことも書いていく。ご了承いただいた上で読み進めていただきたい。

批判や評価はなんの意味もなさないと考える方はブラウザバックを。またここではあらすじを書かない。

※「お前、誰やねん。映画撮ったことないくせに」問題についてはこちら

 

 

《選定の条件》

・2019年12月現在(記事執筆日:12月1日)までに公開された邦画で、比較的近年のもの。実際に映画館に足を運んで観たものに限る。

 

《選定の基準》

・中には「つまらないが一周回って面白い」というような作品もあるが、ここで書くのは基本的にはそうではないものを指す。

・原作がある場合、原作との乖離や創意などを考慮せず、あくまで映画単体として考えることとする。

・何を以てつまらないとするかは個人の感覚や価値観に拠るものだが、ここでピックアップするのは怒りを感じるようなもので、「一定の考慮の余地すらない」ものとする。

 

 

 

①22年目の告白 ー私が殺人犯ですー
入江悠監督 2017
「面白い要素はあるけれど、つまらない」


(出典:https://ciatr.jp/topics/195948より)

このタイプの映画の題材は、恐らく非常に面白いサスペンスものになりそうだと想像する。そして本作においても、サスペンスの基本的な要素である仕掛けや伏線回収は成功している方の邦画ではないだろうか。しかし、本作を黒沢清や園子温、白石和彌に撮ってもらったらどうなるのだろう、と思わざるを得なかった。

この映画の欠陥は「リアリティの欠如」であり、我々が住んでいる日本社会は、表面的であっても殺人犯を英雄のように仕立て上げることはない。そして何よりも結末を迎えてもなお「はい、で?」という印象しか抱けなかった。怒りを感じる程、つまらない映画ではないが、特に印象に残りもしない。

 

 

②十二人の死にたい子どもたち
堤幸彦監督 2019
「価値無き映画」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/365575/より)

ここ三年、いや五年の間に観た邦画の中で、最もつまらないのはこの作品。「映画」或いは「邦画」などと呼ぶことすら憚れるようで、監督、キャスト、その他スタッフ、脚本家はこのような作品を世間に出すことを恥ずかしくは思わなかったのか。非常に疑問である。こういった作品に文字数を割き、読む方の時間、書く側の時間を浪費したくはないのだが、これについては批判する責任として書かせていただく。

まず、この作品が上映前から行っていたプロモーションでは、センセーショナルなミステリ・サスペンスものであるかのような打ち出し方をしていた。あらすじとしては、

”死にたい子どもたち12人が、みんなで集まり集団自殺を試みる。しかしそこには見知らぬもう一体の遺体があり…”

というものであり、キャッチも「死にたいけど、殺さないで!」という衝撃的な謳い文句だった。だが、この映画ではそういった殺し合いは一切起きないし、そもそもミステリ・サスペンスの体をなしていない。

そして何よりも、薄っぺらい理由で「死にたい」と決意した若者たちは感動し、結果的に「死なない」つまり、生きることを選択する。くだらなく、どうでもいい会話が永遠と続く拷問のような映画だ。キャストの演技も見れたものではない。

この映画に携わった者達は「死」や「生きること」について、何も考えたことはないし、世間や社会には実際に自殺という行為に至る人がいるということを「知らない」のではないか。「期待外れ」などということばでは語れない、価値無き映画。

 

 

③ヘルタースケルター
蜷川実花監督 2012
「マスターベーションは観たくないです…」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/341728/より)

強烈かつ鮮烈な絵面。確かに蜷川実花が得意とする色彩感覚で、眩い閃光を放っているっぽい映画だ。だが、それ以上でもそれ以下でもない。父親の蜷川幸雄には遠く及ばない。写真だけ撮っていればいい。

一見すると中島哲也的フックがありそうで、実はない。この監督に狂気の表現は不可能。アーティスティックやコンセプチュアルを含めた芸術を言い訳にしすぎた陳腐なマスターベーション的作品。映像も音も陳腐。「こんな感じが狂気的、芸術的でしょう?」という底の浅さが見える。

セックス、ドラッグ、芸能界、整形、闇。こんなものの表面だけを切り取って、深みをみせようとしないでほしい。話題の太宰映画に「禁断の恋。ヤバい実話。」とつけるところからして、浅すぎる。

 

 

④溺れるナイフ
山戸結希監督 2016
「他のつまらない作品とは、質が違うけど…」


(出典:https://www.amazon.co.jp/より)

意図していたとしても、意図していなかったとしても退屈な作品であることに変わりはないが、一概に「つまらない」とは言い切ることのできない作品である。

ただし「素晴らしい!」とか「よかった!」という類の映画ではないことも確かで、あらゆる欠陥が滲み出てくる印象を拭いきれない映画でもあった。そしてそのことが映画鑑賞中から漂ってしまい、いまいち入り込むことのできない世界で興ざめさせられるのだ。

前半は思春期特有のセンチメンタリズムや、彼ら主人公が抱く何処にも発散できない感情などが上手に発露しているとも思えたが、後半部分はリズムの悪さにいらだちを感じてしまった。半ばセンスの悪いPVのようになっていたことが残念で、劇中に使われる音楽は芸能事務所の命令で使っておらず、制作人独自の起用ならばあまりにナンセンスだ。

それに心理的描写や始終鳴り続ける不快な音楽、極端なドラムスなどが響き、壮大な雰囲気を見せたいのだろうが空回りしていて、一言で言えば「イタい」のである。音楽はこの映画にとって完全なる蛇足でしかない。加えてワンカットワンカット、無駄な描写が多く笑ってしまう。

とは言え、冒頭書いたように「一概につまらないとは言えない」のも、また確かである。というのはこの映画の表現するところの感情を多かれ少なかれ、どこかの若者は持っているはずで、それをアート性などに逃げずに誠実に描き切っていたら、この映画の他者評価も大きく変わっていたことだろう。

キャスとの存在感に強く頼った、放任的な映画だ。

 

 

 

 

⑤サンブンノイチ
品川ヒロシ監督 2014
「つまらない」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/346673/より)

面白くない。つまらない。スベってる。

 

 

⑥カメラを止めるな!
上田慎一郎監督 2017
「YouTubeだったら完璧」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/363764/より)

絶賛、絶賛、絶賛に次ぐ絶賛。これだけ称賛を浴びた映画をつまらないと言うと、まるで見る目がないように思われそうで怖いのだが、一言で申し上げると「公開媒体がYouTubeだったら完璧!」というところだろうか。

これは映画というものにそもそも何を求めているか、評価軸をどこに設定するかという話であるが、だからこそ「面白い!圧倒的な最高傑作!」と褒める人がいるのも十二分に理解できる。一方で「低予算」「キャストの知名度」などを考慮して、「どれだけこの制作陣が努力したのか、お前ごときに理解できるか」という声があるもの分かるが、はっきり申しあげて表現物に「低予算だから」「努力したから」などということは関係ない。しかし一見の価値はあるのもまた確か。

 

 

⑦ミュージアム
大友啓史 2016
「サイコパス、ナメテルノデスカ?」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/354843/より)

まず、一言。サイコパス、ナメてんですか?という話であって、そもそもサイコパシー人格の怖さがまったく表現されていない点が残念だ。悪の教典のハスミン(伊藤英明)、熱帯魚の村田幸雄(でんでん)、クリーピーの西野(香川照之)に次ぐ強烈なキャラクターにはならなかった。

このストーリーに出てくるカエル男は、数人の屈強な男性で取り押さえることができるくらいの怖さで、精神的怖さよりも物理的怖さや肉体的怖さが勝つ。緊張感や迫りくる恐怖感が皆無。脚本的な瑕疵も目立ち、非常に面白くない映画である。眠くなる作品で退屈。

 

 

⑧全員死刑
小林勇貴監督 2017
「新手!冷たい熱帯魚詐欺!」


(出典:https://www.amazon.co.jp/より)

つまらない映画は総じてほとんど印象に残らないものであるが、その代名詞とも言える映画がこの「全員死刑」である。

期待の新人監督という謳い文句がありながら、熱帯魚(園子温監督/2010)の制作人が集結ということにもかかわらず、よくもこんなに平べったい構造の映画が作れたなという印象である。

無駄なポップ調、題材へのアプローチ不足が顕著で、心理的にエグみのある描写が、自動的に胸糞悪い系の映画になるわけではない。

 

 

⑨ソロモンの偽証
成島出監督 2015
「U2の無駄遣い」


(出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/348862/より)

家庭内暴力、学校という組織の旧態依然とした体質、いじめ、自殺。これらの要素を複合してなお、つまらない作品を作るのは、ある意味で才能なのだろうか。結論も浅はかで、取っ散らかっている印象しかない映画である。

この映画は監督、キャスト、脚本家、スタッフの皆様が学生なのかしらと思うほどに稚拙。前編・後編に分けた割にはカタルシスも皆無で、感動の押し売り的で、無駄に長い。「そんなにつまらないなら、観てみようかな」層さえも落胆させるような出来の悪さ。主題歌に起用されたU2に謝罪する必要がある。87年の名盤を汚すおつもりなのでしょうか?

 

 

⑩去年の冬、きみと別れ
滝本智行監督 2018
「EXILEファンだけ観ればいい長編ドラマ」


(出典:https://www.excite.co.jp/news/より)

自己陶酔の極み。へたくそな演技。深夜ドラマだとしてもたいそうつまらなく、観客からお金を取っていることそのものが違和感でしかない。「観る人全員騙される」としても、だから何なのかという話である。

 

 

 

まとめ


いかがだったでしょうか?つまらない邦画10作品を挙げさせていただいたが、私個人の考えとしては「②十二人の死にたい子どもたち」以外の映画は基本的に「観てよかった」と考えている。「つまらない」の中には、様々な表現が隠れていて、「つまらないなら、観てみよう」層も存在することも確かだ。

「つまらない」ことだって、一つの意見であり、その映画をきっかけに様々な人が多様な意見を交わしていくことこそが、まさに面白いのだと思う。だから、私が「つまらない映画」とひと括りにした作品も、誰かにとっては「面白い映画」になりうることだって勿論ある。

だからこそ、「つまらないなら観なくていいか」ではなく、「つまらないなら観てみるか」という心意気になっていただければ幸いである。


この度はコンテンツをご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

ワダアサト
CONTACT
TWITTER
INSTAGRAM

OUR ONLINE SHOP
↑ CLICK HERE ↑

 

 

 

 

 

 

2 Comments

  1. 12人の〜はまじで面白くなかった。というか怒りすら感じた最低の駄作。観客なめすぎな。あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です