FASHION

赤色の魔力

 

「強い色」という言葉で思い浮かべるのは、大抵黒か赤である。赤は色彩心理学的に、かねてより「情熱」だとか「強い意志」を表すと言われている。そう考えるとTBSの情熱大陸がテーマカラーを青色にしているのは、大変に興味深い。

普段街を歩くとき、私はどうしても赤色をまとう人に目がいく。それは色褪せたような、ボルドーに近いような「赤」ではなく、鮮烈な印象を残す、突き抜けたような「赤」だ。

今日はOMOTE TO URAが「赤」という色の持つ強さや魔力、日々のスタイルへの取り入れ方を紹介していきたい。

 

 

①赤の秘密

②クソ上司に刃向かおう

③赤に合う色は?

 

 

①赤の秘密


「赤」という色から、多くの人が連想するのは、先ほども書いたように「情熱」や「強い意志」である。青は冷静さやクールさを象徴するのに対し、赤色というものはエネルギーを象徴する色だ。太陽や火、生き物の血の色を考えてほしい。

また赤は勝利や愛情、興奮、活動的などのイメージを持つ色で(詳細:下図参照)、ネガティブイメージとしては危険や争い、怒りを象徴すると言われている。

また企業のロゴにも赤色が使用されていることが多く、ファッションブランドではUNIQLO、Supreme、マンハッタンポーテージ、その他にはコカ・コーラ社や日清食品が使用している。特にUNIQLOとSupremeに関しては、赤色のロゴの中でも彩度が高く、最も鮮やかな色をしている。

ファストファッションのトップブランドと、ストリートのトップブランドが両方とも「赤」をそのロゴに使用しているのは、偶然なのだろうか。

 

そして何より、「赤」はアドレナリンを分泌させる。アドレナリンによる興奮作用によって、時間経過を体感よりも早く感じさせる効果がある。そして数多くのファストフード店はこの作用を利用している。

「ゆっくり利用したという満足感を提供しつつ、回転率を速める」というように。マクドナルドやロッテリア、ケンタッキーを思い浮かべてほしい。

それに加えて、広告に使用される赤は、消費者の購買意欲をアップさせる。視認性の高い色である「赤」は、見る人の注意を惹き、前向きで積極的な判断を手助けしている。弊社が「赤」を使ったら、それは”何としても買わせたい!”ということである。

 

つまり「赤」はただそこにあるだけではない。「赤の魔力」を利用して、様々な人々がそれをビジネスにも活用している。ということは「赤」は、人々のプライベートにだって、仕事にだって利用できるということだ。

 

 

②クソ上司に刃向かおう


この文章を読んでくださる方の多くが、10代後半~20代の方で、その人たちは仕事をしていることだろう。もしかしたらまだ学生という方もいるかもしれない。

私もそうだが、基本的に大人は嫌いだ。中には何かしらのハラスメントを受けている人がいるかもしれない。「辞めなよ、そんな会社」と周囲の人は言うだろう。しかし現実はそう簡単に進むものではない。だからこそ、せめて赤を着よう。赤を着て、あのクソ上司に刃向かおう。自由な私服で仕事を出来る人は、KISSの赤色のTシャツなんかも良いかもしれない。(布石)

決まった格好をしなければならない人は、オフィスのスタイルに赤色を取り入れてみてほしい。そしてクソ上司に、心で刃向かうのだ。赤は必ずその手助けをしてくれる。なぜなら『怒り』と『反抗』の赤だからだ。

 

 

③赤に合う色は?


赤は意外にも、たくさんある色の中でも合わせやすい色だ。今日はここでいくつかの色の組み合わせを紹介していきたい。

all the photo from droptokyo

 

まず一番上の【ホワイト】。これは赤にはもの凄く合う色だ。紅白歌合戦みたいにならないように、白:赤=7:3くらいになるように調整してほしい。

続いては【差し色】というやつ。これは赤が最も使いやすい。あか抜けしないタイルでも、赤を散らしてあげるだけで、ぐっとそのセンスがあがる。重要なのはトップスと下半身に配置して、目線を散らしてあげること。

続く【ネイビー】は、つまるところ「デニム」。デニムに赤色はよく合う。困ったらデニムに赤をいれてあげれば、大抵の問題が片付く。

そして【グリーン】には注意が必要だ。彩度が高い緑色を使ってしまうと、クリスマスモードに突入してしまう。深い色の緑であれば安心だ。

最後は【ベージュ】。これからいよいよ本格的な秋冬シーズンがやってくるが、トレンチに合わせるトップスには【赤色】が大変似合う。ボーダーと赤の相性も抜群なので、是非試してみてほしい。

 

「赤の魔力」を活用して、ビジネスに生かすもよし、クソみたいな上司に刃向かうのもよし。自由に赤を楽しんでほしい。

 


この度はコンテンツをご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

【FASHION】SAT 21:00
【MUSIC】WED 21:00
【BUSINESS】IRREGULAR 21:00
【ART】THE LAST SUN 21:00

ワダアサト
CONTACT
TWITTER
INSTAGRAM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です