FASHION

「それでも人は立ち向かう」OMOTE TO URAをリスタートさせます。

 

一、新しいコンセプト

二、その理由

三、その他報告

 

 

一、新しいコンセプト


OMOTE TO URAは令和に突入するのと同時に、コンセプトを大きく変え、今後展開する事業内容も変える決断をしました。その経緯を説明いたします。

昨年の8月後半にこのウェブサイトをスタートし、徐々にたくさんの方がHPに訪れてくれるようになりました。小さな積み重ねによって、結果が数字となり顕れたことには感謝しかありません。

 

私(ワダアサト)にこの半年間で仕事をくださった方にも感謝の気持ちでいっぱいです。

しかし私の個人の仕事はある程度順調でも、私の抱く目標「OMOTE TO URAの成立」ということに関しては、まったく進まない状態が長い時間続いていました。

「自分は本当にこのお店を持ちたいのか?」

「本当に誰かに幸せを届けられるのか?」

という思いが重なり、モチベーションを維持するのが難しくなっていました。

 

このままではいけない、と思い学生時代からお世話になっている何人かの方に相談をし、その中でモチベーションをアップ、キープするという作業を続けてきました。

 

そしてコンセプトを新しく考えなおし、この度の報告となりました。

 

新しいコンセプトは、

となります。

 

詳細は弊社のCONCEPTページをご覧ください。

またこのコンセプトに基づいた事業内容は、OMOTE TO URAページをご確認ください。

 

続いては、なぜこのコンセプトにしたのか、なぜこの事業内容になったのか説明をします。

 

 

 

二、その理由


ここで少し、私個人の話をさせてください。

 

私は山梨県の笛吹市という街の出身です。この街は周囲を山に囲まれ、見渡す限りの桃畑が広がる典型的な田舎町でした。私はこの田舎の小学校、中学校を卒業しています。

そしてこの時代はまさに地獄のような時代でした。未だにその頃の友人は一人もいませんし、成人式にすら出席をしていません。ここに書くのが難しいような少年時代を過ごしました。

小学校高学年から中学生にかけ、周りの人たちはみな思春期を迎え、私も同じように思春期を迎えました。”あるコミュニティをつくる”ということは小学校、もしくはもっと早くからはじまり、それはやがてルーティン的カースト制度へと形を変えていきました。

私はそういったコミュニティには属したくなかったですし、興味もなく、人と違うことを徹底的に排除するシステムそのものに強い怒りを感じていました。

スポーツで全国大会に進出しても、絵が偉いおじさんに認められ大きな賞をとっても、まったくといっていいほど充実感はなく、常に悲観しているのが私そのものでした。

 

周囲の人々は中学校指定の白いシャツを着て、その下に黒地にピンクのイラストや文字がプリントされたTシャツを着ていました。

これはつまるところ「ステイタス」のようなもので、俗に言うカースト上位の人々が着られるものでした。

 

今思えば、本当にくだらなく、馬鹿馬鹿しいものですが、当時の私はそんなファッションスタイルが心底ダサいと思っていましたし、だからこそ私は別の方向に自分のスタイルを求め始めました。

 

大量に雑誌を購入し、今のファッションシーンの変遷や、数多くのブランドを知りました。そうやって私は、私自身のもう一つの現実を作り上げていきました。

「装うことって楽しいんだ」と真剣に考えるようになり、”人と違うこと”をファッションというものが常に肯定してくれたのです。

 

そしてその頃、ファッション以外に知ったのは、音楽でした。詩や文学、そういったものにもたくさん触れました。不思議なことにそれらは私の精神世界まで入り込んできてくれて、独りで地面に立っていることの強さ、人生におけるヒントや答えのようなものえおたくさん提示してくれました。

ファッションは私にもう一つの現実を作り上げてくれ、音楽は私にもう一つの人生を知らせてくれたのです。「世界」という概念の、その言葉以上の広さ、自分が見て経験してきたことが本当に狭い世界でのことだと思えました。

だから私にとって、それでも立ち向かおう、と思わせてくれたのはファッションや音楽の中に内包される考え方、価値観だったと言えます。

 

 

今回、コンセプトメイクをするにあたり、私の実体験やこの仕事がしたいと思った原点に立ち返り、今一度頭の中を整理して考えたことで、コンセプトそのもの、事業内容も大きく変わりました。(参照:OMOTE TO URA

”OMOTE TO URA”は全身全霊をかけ、つくっていきたい私の世界です。ファッションや音楽が、明日を生きるための道具になったり、「なんだ、生きるって楽しいじゃん」と思わせてくれたからこそ、それを私自身も誰かに伝えていく必要があると考えています。

 

 

 

三、その他報告


今回の変更をうけ、弊社のブログコンテンツが変わりました。

・FASHION

・MUSIC

・ART

・BUSINESS

となりました。

 

FASHION、MUSIC、ARTではOMOTE TO URAのお客様、潜在顧客向けの情報、考え方の紹介、その意味を取りあげてまいります。

そしてBUSINESSでは私に仕事依頼をくださる方に向けて、ビジネスライクなことを綴っていきたいと考えています。ワダアサトページで受け付けている仕事(参照:ワダアサト)に関することを中心に、連載、実ビジネスに役立つ情報を書けたらいいなと考えています。

 

また今後に関しましては、現在OMOTE TO URA独自のオンラインショップを準備中です。夏頃には、オンラインでの販売をスタートさせます。お楽しみにしていてください。

 

 

 

 


この度はブログをご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

【FASHION】SAT 21:00
【MUSIC】WED 21:00
【WORK】MON 21:00
【ART】THE LAST SUN 21:00

ワダアサト
CONTACT
TWITTER
INSTAGRAM

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です