Rock

LOUDNESSを聴かなくちゃ。

Twitterというものにはプロフィールといいうものがある。(下図参照)

上記のように、「自分が何者であるか」が書かれているスペースだ。
(OMOTE TO URA Official Twitter)

 

よくここに「邦ロック」などと書く人が多いが、これは「私は邦楽ロックが好きです。興味があります」ということだ。

しかしそんな「邦ロック好き」の彼ら、彼女らはLOUDNESSを知っているだろうか?

 

これは完全なる偏見だが、そういった人々のほとんどが基本的にONE OK ROCKのTakaとback numberしか知らないし、LOUDNESSを聴いたことがない。

今回のBLOG「CULTURE」では、そんなLOUDNESSの魅力をたっぷりとお届けする。

 

 

 

①LOUDNESSとは


(左から山下、二井原、高崎、鈴木。出典:https://columbia.jp/

 

LOUDNESSとは元LAZYというバンドで活躍していた高崎晃と樋口宗孝が中心となって、結成されたHMバンドである。

現在のメンバーは二井原実(Vo.)、高崎晃(Gt.)、山下昌良(Ba.)、鈴木政行(Dr.)の4人からなる。

 

1981年にLOUDNESSとしてデビューしてから、現在までメンバー交代などを経て、活躍を続ける世界基準のロックバンドと言える。

80’s中盤には、海外進出を果たし、ビルボードに彼らのアルバム「THUNDER IN THE EAST」を送り込んだ。

 

また1985年にはMötley Crüeの前座としてライブを開催したこともあり、世界的認知度で言及するとしたら、このLOUDNESSというバンドが圧倒的知名度を誇ることになる。

(Mötley Crüe 出典:https://www.barks.jp/

 

 

 

②なにが魅力となっているのか


このLOUDNESSというバンドは、HR/HM好きなら知らない人はいないだろうが、一体彼らの何が魅力的なのだろうか。

それは日本人としてはじめてMSGでライブをしたことや、Mötley Crüeの前座をしたなどの、外的要因ではない。

 

ではなぜこのLOUDNESSというバンドをロック好きが好きなのか。それは

「かっこいいから」

である。

 

勿論ふざけているわけではない。

しかしその他に形容のし難いバンドなのだ。

 

このバンドが存在しなければB’zもGLAYも、若いロックバンドも誕生しなかったほどの「カッコよさ」をまとっている。

1981年の「THE BIRTHDAY EVE~誕生前夜」というデビューアルバムには、Van Halenの影響や、プログレッシブロックなどの影響が随所に見て取れる。

1981年当時の日本の音楽の傾向は圧倒的に、演歌と歌謡曲がしめており、そんな社会的情勢のなかで、ぶっ飛んだHMを鳴らしていたことが、まず驚きである。

 

またGt.の高崎晃はMetallicaからの加入オファーを受けたほどの、ギタープレイにおける技術の持ち主だ。

(Metallica)

 

高崎晃のギターで代表的なものには「KILLER Prime」や「KILLER SITAR」が挙げられる。

B’zのTak Matsumotoが「Gibson Canary Yellow」、charが「Fender STRATOCASTER」、高崎が「KILLER」の使い手だと考えてもらうと分かりやすい。

Akira Takasaki From LOUDNESS(出典:https://tprs.com/

 

Tak Matsumoto From B’z (出典:https://gibson.jp/

 

char (出典:toy-music.net/)

 

 

高崎晃のギター奏法における特徴は何といっても「タッピング」である。

彼の持つこのタッピング奏法のスタイルは、80年代初頭のHM界では群を抜いており、Mr.Bigのポールギルバートや、その他多くのギタリストにも大きな影響を与えた。

特に彼の生み出すリフがLOUDNESSの楽曲の大きな強みとなっていることは間違いない。

 

 

 

③若い人こそ一聴を


若い人たちは、以前と比較して、音楽に触れる機会は圧倒的に増えた。

しかしそれと同時に、音楽的な知能指数と言えるものは低下したことは間違いない。

だがこのLOUDNESSの曲を一度聴いてみてほしい。

これが、これこそが「ロック」そのものの音であって、特にギターというものはピロピロしていればいい、というものではないと気づくはずだ。

 

「ロックってこんなに音が太いのか」ということを、身をもって体験してほしい。

 

今回OMOTE TO URAが聴いていただきたいアルバムは「THUNDER IN THE EAST」である。

この「THUNDER IN THE EAST」は、LOUDNESSが世界進出を果たすきっかけとなった、感慨深いアルバムである。

このアルバムに関しては、後日「名盤シリーズ」で書き尽くす予定なので、ここには詳しく書かない。

 

しかし、いずれにせよ、このアルバムこそが日本のHMの原点であって、あの時点での最高傑作であることは間違いない。

 

どうか、今、ロックしてほしい。

 

 

 


OMOTE TO URAのブログに関しまして

《FASHION》SAT  21:00
《CULTURE》WED 21:00
《OMOTE TO URAの日々》3rd SUN 21:00
《働く人》IRREGULAR 21:00

この度はブログをご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。
弊社代表:ワダアサト

TWITTER
INSTAGRAM

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です