Rock

「日本の音楽はダサい病」患者の為の処方箋

 

「JPOP ダサい」「日本 音楽 ダサい」で検索すると、これでもかというほど音楽評論家”風”な人々の、J-POP disともとれる文章が出てくる。しかし日本のポップスやロックなどの音楽は本当にダサいのだろうか?

「普段どんな音楽聴くんですか?」と問われ、少なくとも三年前の私は決して「中島みゆき」と答えることはしなかった。なぜなら私は”日本の音楽はダサい病”に罹患していたからだ。今日はそんな”日本の音楽はダサい病”患者の為の薬を、OMOTE TO URAなりに処方していこうと思う。

 

 

①ミスチルのジレンマ

②「日本の音楽はダサい病」の正体

③日本はもともと演歌の国

④処方箋

⑤コテコテJ-POPのご紹介

⑥コテコテJ-ROCKのご紹介

 

 

①ミスチルのジレンマ


日本を代表するポップス、あるいはロックバンドにMr.Childrenというアーティストがいる。通称ミスチル。誰もが知るTHE 王道なアーティストである。しかし冒頭申し上げたのと同じように、「普段なに聴くんですか?」への返答は「ミスチル」とも言えない。ましてや「ユーミン」とも「山下達郎」とも言えない。

達郎はそれこそ最近になって”シティポップ”なるムーヴメントによって、なんとか公言できるようになってきたものの、「ミスチル」「コブクロ」「スキマスイッチ」などとは口が裂けても言えなかった。

では、なぜ言えなかったのか。

それは「ダサい」からである。というのは彼らが「ダサい」のではなく、それを口にしてしまう「私」がダサいのだ。正確に言うと「ダサい」と思い込んでいたのだ。もっと正確に言うと「ミスチルを聴いている自分を世間に知らせるなんてダサい」と思い込んでいたのだ。「そんなこと言うなよ!失礼だろ!」と憤りを隠せない方もいることは承知している。しかし、隠れたニュアンスの中に「まぁ、ダサいよね」という一種の暗黙の了解があることは確かだろう。

ロックで言えば「B’zやX JAPAN、ONE OK ROCKが好き」とはあまり─────どころかとても言えない空気感が確かにあった。少なくとも2010年頃まではあったし、今もある。

しるし(出典:Mr.Children公式サイトより)

ミスチルの「しるし」は、日本を代表する美しい旋律のバラードであるが、オシャレ系、或いは音楽系言論人は「しるし、最高だわー!ダーリンというフレーズを編み出した桜井さんは素晴らしい」と言えないのだ。こんなに素敵な歌はradioheadのcreepにもoasisのWonderwallにも勝るとも劣らないものである。にもかかわらず”日本の音楽はダサい病”にかかっている人は「おいおいcreepとWonderwallのほうがどう考えてもいいだろ、失笑失笑失笑に次ぐ失笑、わっはっは」的な雰囲気を醸し出す。

 

 

 

②「日本のポップスはダサい病」の正体


私が高校生の頃(2011~2014)、日本ではRadwimpsの君と羊と青が大流行していたが、私はJeff BeckのWIREDを修学旅行(高校二年次)で購入するという暴挙に出た。まさかのインストゥルメンタルに、クールポコ状態(出典:ロンドンハーツ)となったのだが、私は「へへ、俺はこんなの聴いてるぜ」という満足感に浸り、「人が知らないものを俺は知っている」という優越感にどっぷり浸かっていたのだった。

WIRED(出典:https://www.amazon.co.jp/より)

これまでレミオロメン(山梨の宝)を聴いてきた、たかが高二の私にJeff Beckの良さが分かるはずもなく、同じくLed Zeppelinの良さが分かるはずもなかった。(もちろん今では愛しています)そして私はいつの間にか”日本の音楽はダサい病”にかかり、その副作用の一つとして「本当に日本の歌が分からない」という症状が出始めたのだった。

「みんな知らないのを知っているオレかっけー」

「オレ、こんなの聴いています、凄いでしょ」

「え、Kings Of Leon知らないの?」

という、今思えば虚しく、哀しき優位性を保持した当時の私は「音楽がステイタス」であるかのような勘違いをしていたのだ。つまり、「The Chemical Brothers聴いてるオレって、イケてない?」的なものであった。

 

しかし本当の音楽好きは洋邦で無粋な分け方はしないし、良いものは良いと認めているのだ。SLAYERも良いけど、BABYMETALも良いよね、というように。同じくSiaも良いけど、宇多田ヒカルも良いよね、というように。

 

 

 

③日本はもともと演歌の国


日本という国は確かにもともと演歌、歌謡曲の国であり、ルーツにブルースやR&B、ロックは組み込まれていない。更に言えばUKのロックとUSのロックでは、まったく味が違う。

しかしだからと言って「日本人が演る音は、ロック”風”、ポップス”風”にしかならない」という、時代錯誤的な考え方はもう古すぎて、化石化しているように思える。だから某バンドの曲を「ただの歌謡曲ユニット」と揶揄し(そもそも歌謡曲がdisにはなっていないが)、某アーティストを「こんなもんメタルじゃないだろ」と揶揄するのも同じく、古い様に思える。

時代は令和に突入し、新風吹き荒れる「今」なのだ。きっと洋楽至上主義の人々に某バンドのReal Thing Shakesを聴かせたって「これは素晴らしいハードロックだ、ソロが特に秀逸だ、一体何本ギターを重ねているんだ」などと言って絶賛するに違いない。だってそんな主義者たちの大好きなZeppelinやStonesのプロデューサーAndy Johnsがプロデュースしているのだから。

そして演歌から歌謡曲、歌謡曲から派生した日本独自のサウンドは、やはり大方の日本人にとって心地の良いサウンドとなっている。Nine Inch Nailsも良いけれど、THE BLUE HEARTSだって最高に良い。

 

 

 

④処方箋


”日本の音楽はダサい病”への最高の処方箋は「知る」という歓びを認識することだ。「私 / 僕は洋楽しか聴かないんだ」という一つの矜持は、見方を変えれば「まだ日本の曲を全然知らない」ということだ。つまり「日本の曲をこれからたくさん知ることが出来る羨ましい人」なのである。

人は「知る」ということに際し、応援しているバンドの新譜、好きなブランドの新作、近所のカフェの新メニューを楽しみにしながら生きている。”日本の音楽はダサい病”患者は、これからユーミンの「青春のリグレット」を知れるし、はっぴいえんどの「風をあつめて」を知れるし、浜田雅功の「チキンライス」を知れる。スキマスイッチの「奏」は超名曲だし、夜中の車の中で聴いた日にゃ、沁みすぎて困るものだ。

 

 

 

⑤コテコテJ-POPのご紹介


※すべて公式チャンネルからの引用です。

 

【コブクロ 蒼く 優しく】
めっちゃいい。泣ける。名曲。懐かしい。

 

【YUI Good-bye days】
この声、天性の才。最高。

 

【宇多田ヒカル Automatic】
表現のお化け、宇多田ヒカル。

 

【Mr.Children Tomorrow never knows】
ミスチル初期の名曲。イントロから最高で最早引く。

 

【米津玄師 lemon】
“~ダサい病”の名残があり受け入れられなかったけど、やっぱり良いよこの歌。

 

 

 

⑥コテコテJ-ROCKのご紹介


※すべて公式チャンネルからの引用です。

 

【GLAY Winter, again】
エモい。デビッドボウイのようにエモい。韻、最高。

 

【ONE OK ROCK The Beginning】
バチッとヒットしました。かっけーです。

 

【B’z CHAMP】
you’re the champ!!ニューアルバム、失神しました。

 

【X JAPAN Rusty Nail】
良い感じにダサいです。様式美全開でしょう。名曲です。

 

【Suchmos MINT】
全ての景色が尊いものに見えます。

 

 

”日本の音楽はダサい病”、いかがだったでしょうか。この記事を書きながら、気づいたことがある。それは”日本の音楽はダサいけどかっこいいし、沁みるわぁ”ということだ。洋上げ、邦下げに”呆れた眼差しでサヨナラ”すれば「ダサい病」の症状と副作用から抜け出せるかもしれない。さくっと抜け出して、明日の朝、STEELY DANとサカナクションを交互に聴こう。


この度はブログをご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

【FASHION】SAT 21:00
【MUSIC】WED 21:00
【BUSINESS】IRREGULAR 21:00
【ART】THE LAST SUN 21:00

ワダアサト
CONTACT
TWITTER
INSTAGRAM

 

 

14 Comments

  1. メジャーの音楽がダサすぎるんだよな。正確には幼稚な楽曲しか売れない。

    1. コメントありがとうございます。

      「メジャーな音楽がダサい」「幼稚な楽曲しか売れない」
      一部賛同いたしますし、極めて「音楽」とは呼びえないような楽曲、ミュージシャンが在ることも確かだと思います。

      一方で、「ダサい」や「幼稚」はあくまでも個人の感覚に委ねられる部分が多く、何を以ってしてそう判断されるべきかに迷いがあるのも事実です。

  2. 幼稚な楽曲しか売れない ← これについては古典的な調整音楽の古臭いキャッチーな楽曲と思って居ます。
    特にモードジャズやAORなどのテンション・ノートを多く含んだメロディーが邦楽には皆無だからでしょう。

  3. ちなみに私はニコニコ界隈ではイナコウは神と言われてる。イナコウと申します。

  4. 邦楽でイケてる音楽でも冨田恵一がPOPsをジャズアレンジする程度しかないのが日本人だと思っています。エブリシングなど60年前のフランク・シナトラかよ!?バートバカラックの編曲家よ!って感じにあまりにも音楽センスが遅れているのがお分かりにならないのが日本人らしい。

  5. 日本語に英語を混ぜるのもダサいし日本人が英語で歌ってるのも超ダサい。特に、日本語のメロディに合わせてるから英語がおかしくなってるやつとか、ネイティブに聞かれたくない。こっちが恥ずかしくなる。

    1. コメントありがとうございます。
      別にネイティブに聴かせているわけじゃないので、いいんじゃないですか?

  6. ネイティブに聞かれたくない。←これは私もよく言われましたね。邦楽擁護派ですが、今どきの邦楽ミュージシャンは日本人だけ相手にして楽曲を作るだけでは食えない状況になりつつ有るのは知っての通り。洋楽丸パクリのKPOPに負けるな!ワタシ的には邦楽が次のレベルに行くいい機会が訪れたと思っていますね(^o^) 神が与えたチャンスで”みんな”がんばれ!! 追記で朗報 日本人作曲家で海外有名アーティストに提供した楽曲でヒット曲連発してる人が居るらしいですよ。日本人が作る曲が世界で通用しないなんてないんです(^o^)

  7. イギリス人とドイツ人の友達に邦楽のいくつかを聴いてもらったら「この音楽はクソだ。」と言われました。
    私の感覚は間違っていなかった。

    1. amd 様
      コメントありがとうございます。
      「私の感覚は間違っていなかった」。お恥ずかしい発言ですよ。そもそもイギリス人とドイツ人の言うことが正しいなんて、どなたが決めたんですかね。

      あなたもまた哀しき運命を持つ、欧米憧景型の一人でしょう。

      1. ダサいって言ったらあなたのような人がかじりついてくるからなかなか言えなかったので、仲間見つけたー!って感じです。

        1. amd 様
          ダサいと思う人々は、ダサいと思ったまま、どうぞそのお仲間と仲良く過ごされてくださいませ。そして仲間を見つけた報告は、必要ありませんので悪しからず。

  8. だってあなた人の感性にケチつけてくるんですもの。反論くらいさせて下さいよ。

    1. amd 様
      返信ありがとうございます。感性にケチをつけたつもりは毛頭ありませんが、そう思わせてしまっていたとしたら、申し訳ありませんでした。

      ですがそもそもそれは感性ではなくて、価値観の話のように思います。私は「洋楽を持ち上げ、邦楽を低く見る」という価値観そのものの不確かさと危うさに、危惧を寄せたまでです。

      それにそもそも「邦楽がダサい」という言説を、先に生み出したのは「ダサい」と言った側なんですよ。つまり、私の言説側の出自ではないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です